植毛を受けて失敗だと考えられる要因

植毛も外科手術になるので、場合によっては失敗と感じることもあります。

最初に、折角植毛をしても生えてこなかったなどのトラブルです。

自毛植毛などは定着率はかなり高いですが、それでも確実に生えてきますという保証はありません。
どのクリニックでも定着率に関しては90%以上となっていて、100%ではありません。



例えば1000本植えても、平均で30から50本は生えてこないことがあります。

植毛の体験談のことならこちらのサイトにお任せください。

また、手術後1~2ヶ月経ったころに、抜け毛が増える時期があって、これも個人差がありますが、ショックロス・ショック現象といわれている、手術によって今まで生えていた髪の毛が抜けてしまいます。

失敗と思われがちですが、これは正常な毛周期のためで休止の時期に入ったという意味です。

抜けたあとは、3~4ヶ月後にまた新しく生えてきて発毛します。
他に、頭皮を採取した部分にキズが残ることです。

手術方によって違ってきて、傷が残りにくいFUE法と縫合痕が1本の線状に残るFUT法があります。小さな傷ですが、それでも気になってしまった場合は失敗だと感じるかもしれません。

そして、痛みが残ることもあります。

これも切らないFUE法だと数日で痛みにはなくなり、かさぶたが出来てくると痒くなります。

また、FUT法だと縫合するので、1週間ほどは痛みが残ります。
他に、見た目がバレル心配です。
植毛は自分の髪の毛を移植するので、カツラや人工毛育毛のように不自然さがないため、見た目でバレルことはありません。ただ、短髪などにすると傷痕が見える可能性もあるので、そのときは帽子などで見えないようにするなど工夫するとよいです。

Youtubeについて知りたいならこちらのサイトは便利です。


Copyright (C) 2015 植毛を受けて失敗だと考えられる要因 All Rights Reserved.