大阪でくすんだ肌が気になったらしみ治療を受ける

subpage1

おでこや頬に、紫や黒っぽい色のしみが出来ると、そこばかりが目立ってしまうので、たとえ他の部分の色が白くても、くすんだような肌に見られてしまいます。



毎朝出かける前に、ファンデーションの厚塗りで隠すのも時間がかかりますし、市販のビタミンCなどを配合した美白化粧品だけでは、なかなか綺麗にならないので、しみ治療を受けるために、大阪の美容外科に行くことをおすすめします。しみ治療を受けられる美容外科は大阪にたくさんありますが、口コミの評判の良いところを選んで行けば、短期間で白くて、透明感のある肌をよみがえらせることが出来ます。
しみ治療の方法については、大阪の美容外科によってもさまざまですが、肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノンを使った美白ケアが人気があります。

ハイドロキノンはしみやそばかすの原因である、メラノサイトというメラニンを生成する細胞に働きかけ、メラニンの生成を抑えたり、メラニン自体の数を減らす効果があります。
予防できるだけでなく、すでに出来ているしみやそばかすにも効果がありますし、肝斑をも目立たなくさせられるので、明るい色の肌に生まれ変わることが出来るでしょう。



ハイドロキノンを配合した化粧品も販売されていますが、少量しか含まれていないので、なかなか効果を実感することは出来ません。スピーディーに白くしたいなら、美容外科で高濃度のものを処方してもらった方が良いので、まずはお医者さんに相談し、適切な量の薬を処方してもらうようにしてください。