綺麗な肌になるためのそばかす治療は大阪の皮膚科で

subpage1

紫外線やホルモンバランスなどの影響により、顔に小さなそばかすがたくさん出来ることがありますが、顔のくすみの原因になるので、ひとつもない方が綺麗な肌に見られます。


自力で消すのは難しいので、そばかす治療を大阪の皮膚科で受けることをおすすめします。


そばかす治療を大阪の皮膚科で行う場合は、さまざまな方法がありますが、もっとも効果があるといわれているのはレーザー治療になります。


気になるそばかすにピンポイントでレーザーを照射し、徐々に薄くしていくことが出来るので、くすんだ状態になっていた肌を明るくすることが出来るでしょう。



レーザーの中でもQスイッチレーザーなら、ひとつのそばかすに対し、1ショットで治療が出来るので、目立つ部分を集中的にケアすることが可能です。

レーザーはメラニン色素のみに反応し、そばかすの細胞を破壊する仕組みになっていますが、その際にゴムで強くはじかれたように痛むことがあります。



これは麻酔で抑えられるので、そばかす治療を受ける前に大阪の皮膚科に確認しておくと良いでしょう。

レーザーを照射されたそばかすは、軽くやけどをしたようになって、10日前後経過すれば、かさぶたになってぽろりとはがれ落ちます。

Qスイッチレーザーの場合は、効果が高い代わりに威力が強いため、照射後数日間は赤みが続くこともありますから、そのあいだは外出出来なくなる可能性もあります。


これからそばかす治療を大阪で受けるつもりなら、日時のタイミングをよく考えてから受けるようにしてください。